SPAC俳優・奥野晃士さんによる  「新春 ふじのくに歴史演談ツアー2015」 | GALLERY エクリュの森

最新情報 news

SPAC俳優・奥野晃士さんによる 「新春 ふじのくに歴史演談ツアー2015」

2014/12/20

SPAC(静岡県舞台芸術センター)に所属し、現在は日本の他スイスでも活躍されている俳優・奥野晃士さんによる『新春ふじのくに歴史演談ツアー 2015』がGALLERYエクリュの森にて開催されることになりました。
舞台での活躍の他、リーディングカフェやワークショップの開催等、アウトリーチ活動にも力を注がれている奥野さん。
当イベントでは、そんな奥野さんが静岡にまつわる歴史物語を分りやすい解説と「動読」でお送りする、新感覚「歴史秘話トークイベント」となっています。
歴史的事実に込められた人間ドラマと、時代背景などの解説で、リアルに地元にまつわる歴史の魅力を知る、地域密着型の新しい企画です。

1月11日の下田を封切りに、静岡各地をめぐり、三島・GALLERYエクリュの森での講演がラストとなります。
この機会に是非お出かけ下さい。

 

 「新春 ふじのくに歴史演談ツアー2015」@三島
『金もいらぬ、名も命もいらぬ男』、他

日時:2015年1月23 日(金)19時から    

出演者:奥野 晃士 OKUNO Akihito 

参加費:2,000円(ワンドリンク付)

内容:
明治初期の静岡、武士の誇りをすてて取り組んだ荒蕪なる牧之原台地を大茶園に変えるべく行われた開墾事業。
旧幕臣達の失業対策として行われたこの政策に参加したのは、剣の達人中条景昭と、弓の名手大草高重を中心とした徳川家旧精鋭隊の一団だった!
彼らの生活を陰に扶ける智の勝海舟、そして剣豪、情の山岡鉄舟、鉄舟の知遇を得る侠客、清水の次郎長…。他にも…
今なお語り継がれる下田の芸者『唐人お吉』を世に出した若き医師村、松春水と、牧之原で晩年を過ごした元下田奉行所組頭、伊佐新次郎の数奇な縁。坂本龍馬を斬った男、今井信郎の静岡での後半生。そして、上野戦争の英雄、大谷内竜五郎と、沼津でくすぶる彰義隊残党の逸話。名裁定で岡部宿と廻澤村の紛争をおさめ、生き神として祀られた旧幕臣、松岡萬の生涯… 等々、歴史に埋もれ英傑達の静岡県にまつわる一大叙事詩を、地域に密着してお届けします。

会場・お申し込み先:
GALLERY エクリュの森 
静岡県三島市大宮町 2丁目16−21
 TEL 055-976-2320 E-mail info@ecru-no-mori.jp

イベントチラシはこちらからご覧ください。