今後の展示 | ステータス | GALLERY エクリュの森

展示情報 exhibitions

榊 貴美 展 twinkle / 会場:佐藤美術館

2019年11月12日(火)- 12月20日(金)

開館時間:10:00- 17:00(金曜日のみ〜19:00)※入場は閉館15分前まで 休館日:月曜日

10月佐藤美術館にて「榊 貴美  展 twinkle」が開催されます。

榊貴美とはアートフェア東京・スパイラルガーデンでの展覧会等、4年にわたって協働をしてきましたが、この度佐藤美術館での個展開催となりました。

また、本展では画集 “twinkle” も発表されます。長年念願であった作品集は月曜社より出版されます。こちらもお楽しみにお待ちください。

榊の絵画作品にはモチーフの楽しさと恐ろしさが生み出すリアリティが透明感を持って描かれています。50点が一堂に会するこの機会にぜひご覧ください。

 

・会場:  公益財団法人佐藤国際文化育英財団  佐藤美術館
〒160-0015 東京都新宿区大京町31-10
TEL.03-3358-6021 FAX.03-3358-6023

・展覧会ウェブサイト こちらからご覧ください

 

(以下佐藤美術館ウェブサイトより抜粋)
このたび佐藤美術館では「榊貴美展 twinkle」を開催いたします。榊貴美は1983年和歌山県生まれ、2010年東京造形大学美術学科絵画専攻を卒業、2012年同大学院修士課程造形研究科造形専攻美術研究領域を修了。学生の頃より精力的な作品発表をおこない、当財団平成21年度19期の奨学生にも選ばれています。
 榊貴美は油絵、アクリル、版画、写真、インスタレーションと幅広く制作を手掛けていますが、主要な作品は油画とアクリルの作品となります。その作品に特徴的なのは、こどもの姿をモチーフとして扱うことにあります。それは時に群像で、時に単体として描かれます。ただ榊の描く「こどもたち」は可愛らしいだけでは終わらない存在として現れます。本展サブタイトル「twinkle」について榊は「きらきらと光るためには同時に闇が必要。その存在は等しく同じであり、一つの中で相互に干渉しあっている。」と語ります。  本展では油画とアクリル、版画で描かれた過去の主要作品に加え、初公開の新作をあわせた約50点を展示いたします。榊貴美の等身大な視線から繰り出される、アイロニカルな作品たちをお楽しみください。

会期:2019年11月12日(火)〜12月20日(金)
開館時間:10:00〜17:00(金曜日のみ〜19:00)※入場は閉館15分前まで
休館日:月曜日
入場料:一般600円/大学・高校生400円/中学生以下無料

主催:公益財団法人佐藤国際文化育英財団 佐藤美術館
協力:GALLERY エクリュの森
展示点数:約50点(油彩、アクリル及び版画作品)

アーティストトーク:作家が自作について語ります。
11月23日(土)午後2時~3時30分
参加方法:予約不要・参加無料(ただし当日の入場券が必要です)
当日最新画集をお買い上げの方にはアーティストトーク終了後、榊貴美がサインをいたします。

*画集刊行 本展開催に合わせて榊の最新画集が月曜社より刊行されます。
展覧会とあわせてこちらもよろしくお願いいたします。
KIMI SAKAKI twinkle(11月刊行予定)
 
 sakaki jacket-1
 

次回の展示