田中 毅 展 ― あれ?こんなのがいたよ!― /会場:川越市立美術館 | GALLERY エクリュの森

展示情報 exhibitions

田中 毅 展 ― あれ?こんなのがいたよ!― /会場:川越市立美術館

2019年10月19日(土)‐ 12月8日(日) 

OPEN 9:00-17:00 (入場は16:30まで) ※月曜日休館(11月4日は開館)

「田中毅展―あれ?こんなのがいたよ!―」が、10月の川越市立美術館にて開催されます。

田中毅は東京藝術大学大学院を修了後 40 年以上、動物のようであって動物でない 独特な形状の作品を石彫で生み出し多くの人を楽しませている彫刻家です。
全国の 美術館やギャラリーでの展示に加えて、パブリックな空間にも多数(120 箇所程)設 置され、現代の道祖神のような存在とも言われています。
2005年、当ギャラリーではオープン記念展として田中毅展を開催、その後8回に渡る個展を通して、三島でも多くのファンを獲得しています。
11月16日に美術館で開催されるアーティストトークにあわせて、三島からのツアーを企画。川越市内に設置された田中作品をめぐる彫刻小旅です。(現地集合/お問合せは こちらから お願いします)
 
この機会に多くの方にご覧いただけますよう、皆様のご来場お待ちしております。
 
 
2019-3a 
2019-3b 2019-3c 
2019-3d 2019-3e
(画像は展覧会ウェブサイトより)
 

田中毅展―あれ?こんなのがいたよ!―

 
・展覧会ウェブサイトはこちらから
 
・主催・会場=川越市立美術館
〒350-0053 川越市郭町2丁目30番地1
アクセス情報はこちらから
電話番号:049-228-8080(直通)
ファクス:049-228-7870
Website:こちらから
 
・開館時間=午前9時から午後5時(入場は午後4時30分まで)
・休館日=月曜日(11月4日は開館)、11月5日(火曜)

・観覧料=一般 500円(400円)/大学生・高校生250円(200円)
中学生以下 無料( )内は20名以上の団体料金
身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をご持参の方、及びその介護者1名は無料
「川越きものの日」にちなみ毎月8、18、28日に着物で来館された方は団体料金
埼玉県民の日11月14日(月曜)、川越市民の日12月1日(日曜)は無料で観覧できます。
関連イベント
・アーティストトーク
11月16日(土曜) 午後2時から午後3時
 
・担当学芸員によるギャラリートーク」(手話通訳つき)
11月23日(土曜) 午後2時から午後2時40分
 
・ワークショップ「民芸品の木割り狐をつくってみよう」 
11月30日(土曜) 午前10時から午後0時30分
 
主催 川越市立美術館
助成 自治総合センター
協賛 紋蔵庵
後援 朝日新聞西埼玉支局、埼玉新聞社、産経新聞さいたま総局、時事通信川越支局、東京新聞さいたま支局、日本経済新聞さいたま支局、毎日新聞埼玉西支局、読売新聞さいたま支局、J:COM川越、テレ玉、FM NACK5 
 
※作家協力をしている関係でご案内しています。